テーラー見習いのブログ

埼玉県のテーラーミヤサカで見習いをしている26歳です。手縫いにこだわりをもっている、キャリア50年を超える師匠のもとでの見習い生活の日々を綴っていきます。

師匠の着用パンツお直し〜完成〜

師匠着用パンツのお直し、完成写真です。
f:id:tomotaka129:20150920235300j:plain

ビフォーは、
f:id:tomotaka129:20150920235316j:plain

結局、裾巾もお直ししました。ラッパ感のあるパンツがお直しされたかと思います。
「これ穿いて文化に行こう。」と言ってくれたので、なんだか一安心。こういったお直しの仕事が今後入ってきたら任せてほしいな。


話は変わりますが、僕はスポーツが大好き。特に野球、サッカー、それに自分がやっていたハンドボール。今日はラグビーのW杯をテレビでやっていて、優勝候補らしい南アフリカに日本が勝ち、感動しました。

サッカーは今、日本でも大人気なスポーツですね。ヨーロッパサッカーは特に世界中で注目されております。

ヨーロッパでも強豪チームのバルセロナ。各国の代表選手がひしめくバルセロナの中にラフィーニャという選手がいます。
ラフィーニャ選手は先日行われた試合で相手選手からの強烈なタックルを受け、復帰するのに物凄く時間がかかってしまうほどの大怪我をしてしまいました。

ラフィーニャ選手のお兄さんも強豪チームのバイエルンミュンヘンに所属しており、チアゴ選手と言います。

チアゴ選手はラフィーニャ選手に自身のSNSにて、このようなメッセージを送りました。

以下、チアゴ選手のSNSより。

「今になってようやく、ママが『(ケガをしたのが)あなたのではなく、私のひざだったらよかったのに』と言った気持ちが理解できた。君のことを思うとき、まさに今、僕が感じていることだからね」

「周囲はいつも、夢を目指して戦わなければならないと、僕らに言っていた。努力して、辛抱するのだ、とね。でも、途上にある壁がこんなに大きくて滑りやすいとは、決して言わなかった」

「でも、僕は君と一緒に、もう一つ壁を登りたい。どれほど高い壁を目にして、一緒に乗り越えたいんだ。今君が生きているこの夢は、夢にほかならない。なぜって、君を待っているものは、君が想像した何よりも大きなものなんだからね」



チアゴ選手も負傷に苦しんだ経験があり、弟の気持ちが痛いほどよく分かるのだと思います。
家族愛を感じるメッセージ、とても柔らかい気持ちになりました。
いつも僕を応援してくれている母や姉に会いたくなりました。