テーラー見習いのブログ

埼玉県のテーラーミヤサカで見習いをしている26歳です。手縫いにこだわりをもっている、キャリア50年を超える師匠のもとでの見習い生活の日々を綴っていきます。

ボランティア

知り合いに縫い物を頼まれました。

f:id:tomotaka129:20151018021105j:plain

ブラウスの裾がほどけてしまった。
とのこと。

奥まつりで縫っていきます。
f:id:tomotaka129:20151018021830j:plain

だいたいの既製品の洋服は、
「ルイス」というミシンを使ってまつり縫いをしてあります。
僕もお直し屋さんで働いていた頃は、毎日ルイスを使って裾の処理をしておりました。

ルイスの長所は、ミシンなのですぐに縫えてしまうところです。

パンツの裾もルイスを使って縫っていたのですが、両裾を縫うのに1分もかからないほどです。

ただ短所もあります。
それは、一箇所何かしらのアクシデントでほつれてしまった場合、ポロポロとずーっとほどけてしまうところです。


こちらのブラウスを預かったときは、その典型で、ほどけていた糸を引っ張ると、
まだルイスがかかっていたところもポロポロほどけました。

全部のルイスによるまつり縫いをほどいて、一周まつり直しました。

f:id:tomotaka129:20151018022201j:plain

手縫いだと、そう簡単にはほどけないぞ。


早さではミシンには負けますが、
強度では負けないはず。


明日早速渡すので、喜んでもらえたらいいなぁ。

「ありがとう!」
って言ってもらえたら、それが最高のギャラ。