テーラー見習いのブログ

埼玉県のテーラーミヤサカで見習いをしている26歳です。手縫いにこだわりをもっている、キャリア50年を超える師匠のもとでの見習い生活の日々を綴っていきます。

ポケットな日

パンツ作り、今日はポケット。

ポケット。


ん、、
ポケット。


ポケット?


音がなんかかわいい。


、、、そんな事どうだっていいですよね。


前ポケット
f:id:tomotaka129:20151019222909j:plain

後ろポケット
方玉縁
f:id:tomotaka129:20151019222923j:plain


今日の最後に脇入れのしつけをしたので、
明日の朝一番で師匠チェックしてもらいます。


こちらのパンツの生地は、
「エルメネジルド・ゼニア」
というブランド。

よく「ゼニア」と略して呼びます。
イタリアのブランドになります。


よくスーツは国のくくりで、
どうのこうのと解説されます。

イタリアの生地は、
「細番手でしなやか。セクシー。」
なんてよく言われているかと思います。


こちらのゼニアの生地も、
張りがあって、
とっても肌触りがよく、
光沢があります。

かっこいい。


ただ、夏物の生地や細番手の生地は、
縫うのがとっても難しいのです。

脇や股下など、長い距離ミシンをかける際には特に注意が必要です。
失敗すると、縫った箇所がボワボワしてしまうのです。

ウール(羊毛)という生地のすごいところは、縫い跡が残らないところです。
失敗したらまた縫い直しがききますので、明日は上手にいくまでとことん縫います。




羊さん、いい仕事します。



山羊さんは、手紙を食べます。



でも山羊さんは、カシミヤです。



カシミヤの肌触りはとんでもなく柔らかいです。



カシミヤは、手紙を食べた山羊さんから、できてます。



カシミヤは、手紙です。



嘘です。