テーラー見習いのブログ

埼玉県のテーラーミヤサカで見習いをしている26歳です。手縫いにこだわりをもっている、キャリア50年を超える師匠のもとでの見習い生活の日々を綴っていきます。

切羽の種類

パンツ作りは一旦ストップ。

お馴染みとなりました、切羽に取り掛かってます。納期が近いので。


ビフォー
f:id:tomotaka129:20151022214549j:plain


なーんにも加工されていません。
既製品ですが、この状態で売られているのです。

一人前の商品として売られてないなんて、おかしいんじゃないの?

と思ってしまうかと思いますが、
そうではないのです。



僕が以前働いていたお直し屋さんは、
店舗近くの
TOMMOROWLANDさんや、
UNITED  ARROWSさんと
契約していたお直し屋さんなのですが、
よくそちらの2店舗からもこういった商品が送られてきました。



なぜ加工されていない状態で売られているのか。


それは、自分でどのような作りにするかを選ぶことができるからです。


飾りの切羽をつけるのか?
本切羽にするのか?
糸の色は?
ボタンは並び?重ね?

など。



今回は本切羽での加工。

f:id:tomotaka129:20151023000921j:plain


本切羽なので、ちゃんと穴かがりをしました。

袖は飾りの切羽が多いのですが、
今回はちゃんとボタンによる開け閉めができる本切羽。


まだ完成してないのですが、
明日完成する予定です。

完成したら写真付きで本切羽を紹介します。


洋服にこだわりが強い人や、他の人とは違いを出したい、
といった方が本切羽でのご注文をされることが多い傾向にあるかと思います。





何事もこだわりを持つのは大切ですね。