テーラー見習いのブログ

埼玉県のテーラーミヤサカで見習いをしている26歳です。手縫いにこだわりをもっている、キャリア50年を超える師匠のもとでの見習い生活の日々を綴っていきます。

たくさんのありがとう

今日、
もしかしたら、人生の中で、大きな区切りとなった日かもしれない。

バイトを辞めた。
2年間続けたバイトを辞めた。


これから、
「テーラーの見習い」
これ一本でやっていく。


この決断が正しいのかどうなのか、
今の時点ではわからない。

でも、辞めるという決断を下した。
とても、大きな決断だった。


テーラー見習いとして、一人暮らしをし続けられる給料はもらえていない。
すなわちそれは、生活できないということを意味する。
今までバイトで得た給料でなんとかやりくりをし、生活してきた。




でも、限界を感じた。




もっと、テーラーとしての、仕事がしたい。
もっと、針を触っていたい。
もっと、師匠からいろんなことを教わりたい。
もっと、成長したい。




この気持ちが、抑えられなかった。




2年前、
バイトをしながら、テーラーの修行をするという生活をスタートさせて、
充実しきっていた。



これでいいんだ。



そう思っていた。




バランスが崩れた。




いつからだろう。
わからない。


バランスが崩れはじめると、
中途半端になった。




惰性でバイトをこなしている自分がいた。




許せなかった。





そんな自分が。



僕は人に恵まれている。
バイト先でたくさんの素晴らしい人に出会えた。
たくさんの人に、
支えられ、
応援してもらい、
背中を押してもらった。






僕は、やらなきゃいけない。



そう思った。



だから、やるよ。





そこには、

f:id:tomotaka129:20151031030500j:plain


この店がある。

「ワイン食堂  honu  cafe」

ここが、僕のバイト先だった。


店内の写真。

f:id:tomotaka129:20151031030615j:plain

これで、来る日も来る日もビールを注いだ。

f:id:tomotaka129:20151031030628j:plain


ここで、
お酒の作り方、
シェーカーの振り方、
ハンドドリップコーヒーの淹れ方、
ラテの作り方、

いろんなことを学んだ。


きっとそれら全てが、
今後の僕の生活に役に立つことはないだろう。



でも、大切な事をたくさん学んだ。


自営業のお店である、
honu  cafe

オーナーは、とても仕事に熱い人だ。


たくさん叱られた。
たくさん怒鳴られた。
悔しくて悔しくてしょうがなかった。


でも、誰よりも頑張っているオーナーを見て、
「働く」
ということを、学んだ。



とても大きなことを、学んだ。



2年間を振り返り、
思うことはただ一つ。

「ありがとう」

とってもありきたりな言葉だ。

でも、変にひねった表現はしたくない。




働き始めた当初、毎日、みんなが引くぐらい怒られていた僕を支えてくれた先輩スタッフ、ありがとう。


ともさん、ともさん、
って、少し歳の離れている僕を受け入れてくれた、かわいい後輩のスタッフ、ありがとう。


弟のように、可愛がってくれた、社員の兄さん方、ありがとう。


仲良くしてくれた、お客さん方、楽しい時間を一緒に過ごせました。ありがとう。


歳を重ねるにつれて、本気で叱ってくれる人は減っていくと思う。
でも、僕はオーナーにたくさん叱っていただいた。
思い出すと、吐きそうになるけど、
その一つ一つが、僕の糧になると信じている。
たくさん叱っていただいたオーナー、ありがとうございました。




僕はもっと潜るよ。
もっともっと潜る。


自分が思っていた底辺よりもっと潜って、
成長するよ。




だから見てて。





必ず一人前になるから。





みんながいたから、そう思えたよ。





だからもう一度言わせて。







「ありがとう」