テーラー見習いのブログ

埼玉県のテーラーミヤサカで見習いをしている26歳です。手縫いにこだわりをもっている、キャリア50年を超える師匠のもとでの見習い生活の日々を綴っていきます。

友人のコートの袖丈詰め

ここ最近、ベストなど、お直しの仕事をいくつかやらせていただき、
今日もパンツの裾上げをお願いされていたので、こなし、

早く納品できる物から、こなしていこうというお店の雰囲気。

ある程度さばけたので、
師匠がやっているジャケット作りのお手伝いをし、
いよいよジャケット作りを覚えはじめよう。
という感じなのかな?

丁寧に教えていただきました。


ジャケットのお直しを何着かやらせていただいていたので、
前に師匠のジャケット作りを横で見ていたときの感じとは、少し違った感覚で見られた気がします。

あくまで、感覚。


お直しで、こうしていたことは、
本縫いではこうなのか。


本縫いで、こうしているから、
お直しで、あぁやっていたのか。


なんてことを、自分で確認しながら。



そんな一日。



今日のブログでは、友人から頼まれていたコートの袖丈詰めを家でやった物を紹介します。


ビフォー

f:id:tomotaka129:20151123233706j:plain

ちゃんとした名前が、わからない。
こんなベルト的な物も付いていました。

f:id:tomotaka129:20151123233737j:plain


10cm詰めます。
すげー詰めるな。袖先が太くなっちゃうけど、そんなに不自然そうではなかったので、
袖先のみで、詰めることに。

ベルト的な物も元々と同じように仕上げます。


アフター

f:id:tomotaka129:20151123234426j:plain


だいぶ詰まりました。

背格好が僕と同じくらいなので、試しに着てみると、


あれ?ちょっとツンツルテンな感じするかも、、、


と不安になりました。



まぁ、ダメだったら縫い代残してあるし、また直せばいいや。


と思い、納品に。



着てもらったら、
見た感じは違和感はありませんでした。


よかった。。



「短くない?」


と聞くと、


「僕ピアノ弾くんで、これぐらいがちょうどいいですよ。」


と。



よかった。




人様の、大事な服ですからね。

やってもらわない方がよかった。
なんて思わせてしまったら、申し訳ない。


でも、気に入ってくれたみたいだから、


よかった。



そんな彼は、昨日の日曜日に鎌倉に行ってました。


鎌倉帰りにウチに遊びに来てくれました。


このコート着てくれてた。



僕は特に何にも言わなかったけど、
嬉しかった。




なんか人の役に立てた気がした。



僕の目には、
妙に似合っているように見えた。