テーラー見習いのブログ

埼玉県のテーラーミヤサカで見習いをしている26歳です。手縫いにこだわりをもっている、キャリア50年を超える師匠のもとでの見習い生活の日々を綴っていきます。

「現代の名工」展

今日は新宿駅西口のイベントコーナーで、
が開催されており、師匠と一緒に行ってきました。


テーラーの一級を持っている人たちの会、
技能士会」
と師匠は呼んでいるのですが、
その技能士会もこちらのイベントに参加しており、
師匠も一級を持っているので、師匠にくっついて僕も参加してきました。


婦人服や貴金属、家具、カーペット作りなど、
いろんなブースがありました。

こちらテーラーのブース

f:id:tomotaka129:20160114220535j:plain


モーニングをいれようとした結果、寄りすぎて分かりにくい写真となりました。


このモーニングは師匠のお友達のテーラーさんが作られた物。


むっちゃキレイでした。



テーラーのブースでは、ネクタイ屋さんも共同で使用する形をとっており、
ネクタイやマフラー、ベルトなどの販売も行われておりました。


その横で、師匠と一緒に芯据えをしたり、ラペルのハ刺しをしたり、そんな感じで過ごしてました。



外で仕事をするのは初めてでした。



とてもとても寒かったです。
手がかじかんで縫いにくかったです。



ただ、実演をしていると、通りがかった人たちが意外と眺めていたりしてました。
中にはお声をかけてこられる方もいたりして、
そんな方々と会話をし、とても楽しかったです。



テーラーを20代の人がやっているイメージが無い、という方も多いようで、
僕が縫っている姿を見ただけで、ビックリしている人もおられました。



今日、何人の知らない人たちに、
「頑張ってね!」
と言ってもらえたのだろう。



ありがとうございます。頑張ります。



今日一番ビックリしたのは、
トイレに行くと、横のおじさんに、

「おいっ!あんた!」

と、そこそこ大きな声で話しかけられ、

え??

という顔をしていると、

「さっきあそこで洋服縫ってた兄ちゃんだろ?」

と言われました。


そうです。と言うと、


そのおじさんのお父さんはテーラーだったとのこと。


そこからトイレを出てしばらく昔話を聞かせてもらいました。



「手作りの伝統を途切れさせないでくれよな。」


と、激励のお言葉をいただき、
とても嬉しかったです。




師匠以外のテーラーさんともお話できて、
僕の作ったパンツを見てもらい、いろいろご指摘いただき、ものすごく勉強になりました。



こういうイベントに参加するのもいいもんだなぁ。と思い、電車に揺られながら帰路につきました。



さっ、明日からまた頑張るぞ!
来年も参加できたらすると、師匠言ってたから、
来年に成長した姿を、師匠のお友達テーラーさんに見せるぞ!




おやすみ!
今日もよく寝れそう!