テーラー見習いのブログ

埼玉県のテーラーミヤサカで見習いをしている26歳です。手縫いにこだわりをもっている、キャリア50年を超える師匠のもとでの見習い生活の日々を綴っていきます。

穴かがりの話

昨日のボーリング大会は、5位でした。

優勝はできませんでした。

とても残念です。

景品もらいました。

お食事券1000円分でした。

師匠は景品でネスカフェのインスタントコーヒーセットを貰っていました。

羨ましかったです。



さてさて今日は毎度おなじみ、穴かがり。

ポン

f:id:tomotaka129:20160211234310j:plain

ポン

f:id:tomotaka129:20160211234329j:plain

こんな感じです。

この二つの穴かがり、違うところがあります。


それは、
最初の写真のは、ポリエステルの糸。
後の写真のは、絹糸。


その違い。


なぜわざわざ糸を変えるのか。


絹糸は弱く、ポリエステルは頑丈な糸だからです。


通常、下のボタンは掛けないことが多いので、ダメージを受けにくいです。


その反対で、上のボタンはいつも開け閉めするので、絹糸だとボロボロになってしまうことがあります。


このブログでも穴のかがり直しの記事を書いたことがありますが、そのようになってしまいます。


〜かがり直しのブログ〜


なのでこのように糸を変えたということです。


明日はこのジャケットの袖丈を肩から詰める作業に入ります。

師匠にレクチャーしてもらいながらの作業となります。



よし、明日も頑張ろう。