テーラー見習いのブログ

埼玉県のテーラーミヤサカで見習いをしている26歳です。手縫いにこだわりをもっている、キャリア50年を超える師匠のもとでの見習い生活の日々を綴っていきます。

さぁ、自分で体験しましょう。

上下スーツの作製に入りました。
もちろん、ジャケットは師匠が作りますが、僕にできる部分はお手伝いします。
ブログでもよく書いていますが、芯を作りました。

スタートはもちろんこのように真っ平らです。

f:id:tomotaka129:20160615234012j:plain

ジグザグミシンを掛け、プレスをします。

f:id:tomotaka129:20160615234023j:plain

最後に手刺しをして、

f:id:tomotaka129:20160615234034j:plain

完成です。


洋服は三位一体だと、よく師匠は言います。
表地・芯・裏地
この三つが一体にならなければいけない。
真っ平らな芯だと、他の表地や裏地とケンカしちゃいます。
なので、このように芯にも丸みをつけてあげるのです。

だいぶ前に三位一体の話を師匠にしてもらった時は、言っていることはわかるけど体感としてはチンプンカンプンでした。

でも今は分かるようになったと思います。


「何かを学ぶには、自分で体験する以上にいい方法はない。」

とはアインシュタインの言葉。

何かのCMでも使われていた言葉ですが、全くもってその通り。


とにかくどんどん自分で体験していくしかありません。


さぁ、明日も頑張りましょう。